2012年05月06日

Godsound+Studioendと山梨で稽古

しばらく更新が滞っておりました。5th Break「独・平家物語」終演からから間もなく2ヵ月が経とうとしています。その間何をやっていたかというと…稽古していました。稽古といっても一人芝居ではありません。何と…あの人形を使う劇団に客演する事になったのです。

というわけでまずは告知。

ヴィオパーク劇場<木村企画>参加作品
Godsound+Studioend「アンティゴネー」
原作…………ソポクレス
構成・演出…萩原興洋
出演…………斉藤綾乃
  …………加藤絢子
  …………萩原興洋
  …………萩原京子(ap.VAN)
  …………椿宏尚(劇団天の夕顔)
  …………曽根原史乃(大胆無敵)
日時…………2012年5月19日(土)20時頃開演
会場…………竪穴式表現空間・ヴィオパーク劇場
      (松本市刈谷原西ノ沢392-1)
料金…………1000円
問合せ………080-5519-3896(萩原)

どんな内容かといえば、ギリシャ悲劇です。
「そんな堅いの、観てもなあ…」というそこのあなた!
そんなことないですよ。
というか、全然堅くないです。
ぜひお越しください。

普段は山梨で稽古をしているGodsound+Studioendですが、今回は松本での公演という事もあって、週末には松本まで稽古に来てくれていました。
しかし、せっかくのGW。一度行ってみたい、と思い、甲府までドライブ。
いわゆる出稽古に行ってきました(笑)。

どんな感じで稽古していたかというと…

DSCN3667.JPG

あんまり伝わりませんね(笑)。
ちなみにこの写真は、ビデオを確認しているところです。

終始和やかに進んでいった山梨稽古。
収穫もありました、はい。
少しは松本と山梨の架け橋になれたかな。

来週末には初の通し稽古です。
頑張ります。

ついでなんで…今夜の月を…。
DSCN3682.JPG

きれいですね。


posted by 椿媛 at 00:14| Comment(0) | 役者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月03日

本日は松本で稽古!

3月になりました。
プレ公演から早10日…そして、本番まではあと1週間。
本当は今日から仕込みに入る予定だったのですが、会場の都合で明日からになりました。
そんなわけで今日は貴重な練習の時間。
昨日、職場の卒業式(深い意味ではなく、本当の卒業式です)の後、祝賀会の二次会に行ったら、帰宅は午前3時。
しかも、若干風邪気味の予感…
これは…マズイ。

そんなわけで風邪薬も買い、万全の体制を整えて、本日夕方から松本入りします。
今日は演技プランをピカデリーホールを見据えて決めようと思います。
広い空間、舞台装置をいかに使うか。
本番に向け、大事な大事な調整日です。
posted by 椿媛 at 15:36| Comment(0) | 役者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月15日

ヤバい、殺陣がある

久し振りの練習、ということで前半部分の復習もしつつ、今日から後半戦に入りました。後半は自分の言葉でセリフを書いた部分も多く、比較的覚えやすい。ただ問題だったのは…今回殺陣があるんですね。まったく記憶にありませんでした。鏡の前でほうきを振り回す自分がたまらなくカッコいい(笑)。というわけで、徐々に動きも見えてきてますよ〜。

【公演情報】
Theater Project Southern Cross 4th Break
「Solo "MACBETH"」

原作 W .シェイクスピア
脚本・演出・出演 椿媛

日時 2011年3月12日(土)19:00〜/13日(日)14:00〜
会場 ピカデリーホール(松本市大手)
料金 前売1000円/当日1200円/大学生500円/高校生以下無料
posted by 椿媛 at 00:00| Comment(0) | 役者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月10日

繰り広げられる恐ろしい言葉

昨日は諸事情あって練習ができず、今日も職場のトイレ掃除をし始めたら練習開始は22時になってしまいました。どちらも不可抗力によるもの(まあ、トイレ掃除はしなくても良かったんですけど…でも、汚いところ見たらちょっと嫌になっちゃったんですよね)なので、仕方ない。こういう時一人芝居というのは便利です。だって、何時に初めて、何時に終わっても許されますからね。しかも24時間OPENの稽古場だし♪唯一の問題点は寒くてしょうがないところですが(笑)

さて、今夜の稽古は前半部分のクライマックスでした。もう飛び交う言葉はやれ殺すだ、やれ血がどうだと、恐ろしげな言葉満載。通報されたら言い訳できない感じですね(笑)。基本的にセリフを覚えながら、動きを決めていくのですが、今回は割と動きが決めやすいですね。一人芝居のスタイルにも慣れてきたせいでしょうか。とにかくセリフと動きを覚えていきます。本来は脚本中にメモらないといけないんでしょうが、一人でやっているとむなしいので、頭に刻み込んでいきます。

さあ、明日も頑張ろう。

【公演情報】
Theater Project Southern Cross 4th Break
「Solo "MACBETH"」

原作 W .シェイクスピア
脚本・演出・出演 椿媛

日時 2011年3月12日(土)19:00〜/13日(日)14:00〜
会場 ピカデリーホール(松本市大手)
料金 前売1000円/当日1500円/大学生500円/高校生以下無料
posted by 椿媛 at 01:03| Comment(0) | 役者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月06日

練習を中断させたものは…

本日夕方、ついに4th Break「Solo "MACBETH"」の脚本が完成しました。例によってラスト10ページは勢いで執筆。練習していくうちにどんどん変わっちゃいそうな気がしてちょっと怖いですが、まずは練習の手がかりとなるテキストができたという点では大進歩です。

ということで、その後は制作的な仕事をこなして20時半、練習開始!前回の復習から初めてセリフを覚えながら、動きを決めていきます。今回のテーマはいかに動かずにキャラを演じ分けるか。首の動き・声の変化を使い分けて、複数キャラを演じていきます。これが意外に難しい。去年みたいにピョンピョン跳ねてた方が役者としては楽なんですが…やはり観客からどういう風に見えるかという意識を持たないと成長がない!頑張っていきたいと思います。

さて、調子に乗れば22時くらいまでやる予定だったんですが…アクシデント発生!マクベス夫人の長ゼリフを鏡に向かって練習していたんです。ちょっと横を向いたら、誰もいない○○高校格技室で僕を見つめる人が…「うわっ」と思ってよく見たら剣道の防具を付けた人形でした。本当、心臓に悪い!勘弁してくれ!

おかげで21時半頃、練習を切り上げて帰ってきました。これから制作作業の続きです。チラシもできたし、チケットも印刷し始めたし…さあ、やるぞ!

【公演情報】
Theater Project Southern Cross 4th Break
「Solo "MACBETH"」

原作 W .シェイクスピア
脚本・演出・出演 椿媛

日時 2011年3月12日(土)19:00〜/13日(日)14:00〜
会場 ピカデリーホール(松本市大手)
料金 前売1000円/当日1500円/大学生500円/高校生以下無料

110206_2026~01.jpg
写真は…
posted by 椿媛 at 22:30| Comment(0) | 役者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月03日

練習初日は凍える寒さ

昨夜は4th Breakの初稽古。場所は某県立高校の格技室でした。夜の学校って怖いってイメージがあるかもしれませんが…怖いです(笑)。僕は割となれているのでそうでもないですけど…。まあ、でも怖さより寒さでしたね、敵は。

ということでセリフ覚えをしながら即立ち稽古。これが一人芝居の練習法です。1年振りの一人芝居で気をつけるのはムダな動きを省くということ。イメージ的には落語をだいぶ意識しています。キャラの演じ分けも少しずつ組み立てられてきました。昨日の登場人物はまだ6人。これからどんどん登場人物が増えてきますよ〜。

ただ、脚本が長すぎるかも、という不安が。今夜は慌てて脚本改訂作業に入っています。この週末が練習としてはかなり重要な位置づけ。今夜はしっかりプランを練ろう!

【公演情報】
Theater Project Southern Cross 4th Break
「Solo "MACBETH"」

原作 W .シェイクスピア
脚本・演出・出演 椿媛

日時 2011年3月12日(土)19:00〜/13日(日)14:00〜
会場 ピカデリーホール(松本市大手)
料金 前売1000円/当日1500円/大学生500円/高校生以下無料
posted by 椿媛 at 23:08| Comment(0) | 役者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月20日

全シーン練終了!

どもっ。プレステージを来週に控え、胃が痛くなりつつある椿媛です。

昨夜、ようやく全シーンを一通り練習し終えました。まだ通し稽古が終わってないですし、セリフを完璧に覚えているかはかなり?マークです。ただ、演出的にはだいぶプランが見えてきています。

そんなわけで今夜は早々と寝て、明日早朝にバンクーバー五輪でも見ながら音響プランを練ろうと思います。芝居に集中したいのに山のような仕事を抱え、ひいひい言っているこの2月。まずはプレステージ大町公演の成功に全力を尽くします。
posted by 椿媛 at 22:47| Comment(1) | 役者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月10日

さあて、覚えるぞ

ども、日曜日にちょっと激しく運動した筋肉痛がいまだに癒えない椿媛です。運動した翌日に痛みが来るだけ、まだまだ年をとっていない感じはするんですが…。

さて、プレ公演の2/24まであと2週間…というのに相当ヤバい感じです。セリフを何とか覚えないことには話になりません。今日はこれで夕食休憩の後、みっちり練習です。明日は休日だしね。

最近、「何で一人芝居始めたんだろ」とちょっぴり後悔モードです(笑)。やっぱり孤独ですからね。何より、練習しない時に「練習しろ!」と言ってくれる人がいない。相当に自制心がないとできないイベントです、これは。

今日はやるぞ!

だからブログに書いて自分にプレッシャーをかけています(笑)。よし、まずは腹ごしらえから…。
posted by 椿媛 at 18:53| Comment(2) | 役者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月04日

夜の学校、再び

どもっ、椿媛です。今夜は21時半から23時過ぎまで結構みっちりと練習をしました。練習と言ってもセリフ覚えが中心なので自宅でもやれそうなんですが、大学時代からの習慣で、大声でセリフを言わないと覚えられないんですね。そこで、夜に騒いでも怒られない場所=学校での練習となっております。以前は体育館でやっていたんですが、立春とは言え気温氷点下の大町で体育館はちょっと無謀です。したがって、今夜は校舎の中でこっそり練習してました。

激しい動きのある(といってもたいして激しくはないはずなんですが)演技は1年振り。やってみて気付きましたが、すぐ息が切れます。そして片足ターンができなくなっている自分。これは体力つけるところから始めないとまずいですね。練習しつつ、息が続くからだを目指したいと思います。

今夜はとりあえずP.15まで練習。脚本は現在P.30まで執筆済み。ちょうど折り返し地点という辺りでしょうか…って脚本は間に合うのか?明日は飲み会だしなあ…こりゃ土日勝負だね。
posted by 椿媛 at 23:40| Comment(2) | 役者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月17日

最後の練習?

今日はまず夕方から音響のきっかけ合わせ。MDは何とかつくっておいたので、音響操作をお願いした兒玉先生と一緒に1つずつ確認していきました。どこからかけ始めてどこで切るのか、という点を決めていくだけなのですが、どうしても音量の上げ下げや、細かいタイミングにこだわってしまうのは松本演劇界No.1音響(自称)の血が騒ぐせいでしょうか。今回初めて操作をやってもらうという事も忘れるくらい、のめり込んでしまいました(兒玉先生、どうぞよろしくお願いします)。

一度夕食を食べて、仮眠した後は再び自分一人の練習。序盤はさっと流して中盤以降を1つずつ確認していきました。この期に及んでまだまだ不安定な要素をいくつも発見。何とかクリアーしながらラストシーンまでたどり着けました。

自分一人でやっているから当たり前ですが、誰もアドバイスはくれません。そこで信じられるのは練習でやった時の感覚と、その時にひらめいたアイディアの融合だけ。普段カチッとつくる演劇とは違い、割と自由度溢れる舞台になってしまいます。それがいいのか悪いのかは分かりませんが、1つの魅力なんじゃないかなと思います。

何はともあれ今夜で練習は多分ラスト。明日は初めての通し稽古に挑みます。…今晩眠れるかな(笑)。いよいよ明後日本番です!
posted by 椿媛 at 23:59| Comment(0) | 役者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月10日

前半部分の練習が終了しました

今夜は20時から練習。同僚の差し入れココアを片手に練習がスタートしました。前回やった所の振り返りをした後、中盤シーンをつくっていきました。意外にセリフはスラスラはいっていくものの、喉と集中力の限界が…。結局22時過ぎに終了しました。本当はあと10ページ分やりたかったんですが、ちょっときつかったので明日の朝練に回したいと思います。

さて、今日は1人で複数を演じる方法論についてお話しましょう。なるべくならばキャラ作りをしっかりやって演じ分けたいんですが、なかなか難しい。例えば最初は関西弁をしゃべるキャラを作ろうと思っていました。しかし、一瞬にしてイントネーションを使い分けるという素晴らしい技術が僕にはない。そういうわけで僕の場合は、声の変化+仕草でキャラづくりをしていきます。

例えば今回の公演で女性キャラは2人登場します。1人はハムレットの母親であるガートルード、もう1人は「尼寺へ行け」とハムレットに言われてしまう悲劇のヒロイン・オフィーリアです。もともと声の高い僕なので、女性は裏声でつくります。では、2人の差はどこでつくるのか?意識するのはガートルードはやや落ち着いた高い声、オフィーリアはちょっとブリッコ(死語かな?)気味な声でつくります。また、両手を腰の前で組むのがガートルード、オフィーリアは胸の前で手を動かします。そんな部分も注意して見てもらうといいかもしれません。

さあ、いよいよあと10日。スパートをかけていきます。
posted by 椿媛 at 22:48| Comment(0) | 役者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月08日

夜の練習の敵は…

いよいよ公演の前週となりました。普段、劇団で活動している時であればセリフも覚え、もはや最後の調整…という時期ですが、1人芝居ではいよいよ本格的な練習という状態。はっきり言って今日の練習を始める前までは逃亡しようかな、とも思っていましたが、意外に1年前のセリフを覚えていたので何とかなりそうです。

さて、今回の練習場所に選んだのは公演会場にもなる格技室。外よりは風がない分暖かいし、大きな鏡もあるということで夜21時から練習開始。実際やってみると声の大きさ、動く範囲など色々確認できて良かったです。今日はとりあえず前半1/3まで。ものすごく疲れるシーンがあるので、終わった今は結構足がガクガクしています(笑)。

しかし、やっぱり夜の練習は何となく怖い。ジュースを買いに外の自動販売機に行くのがもう怖いんですよね。しかも、「亡霊は…」とか「○○が死んで…」とかそんなセリフを叫んでるわけですから最悪ですね(笑)。でも、鏡があるのはやっぱりいいかも。一応自分の姿が見えるというのは演出的にかなりラッキーです。

今週はとにかく役者としての練習あるのみ。でも、明日は諸事情でできそうにないんだよなあ…脚本は読んどこうっと。
posted by 椿媛 at 23:46| Comment(0) | 役者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。