2011年02月26日

「分かりやすい」と「考えさせる」

昨日、プレ公演「Solo "MACBETH" NAKED」を観た生徒と話をする機会がありました。感想を聞いてみると…

「後半はしょりすぎじゃないですか?」

なるほどな、と。確かに前半は割と細やかに、原作に忠実につくっているんですが、後半は物語自体がどんどん加速していってるんですね。その結果、どうも分かりにくい部分があったようです。

ただ、難しいな、と。「分かりやすい」物語をつくることは重要なんですが、一人芝居をやる以上はお客さんにはいろいろと「考えさせる」物語でもありたいんですね。どっちかに片寄ってもいけないだろうし、バランスが取りにくいですね。でもまあ、少しシーンを追加しようかなと思っています。

いよいよ残り2週間。皆様、ピカデリーホールでお待ちしています。

【公演情報】
Theater Project Southern Cross 4th Break
「Solo "MACBETH"」

原作 W .シェイクスピア
脚本・演出・出演 椿媛

日時 2011年3月12日(土)19:00〜/13日(日)14:00〜
会場 ピカデリーホール(松本市大手)
料金 前売1000円/当日1200円/大学生500円/高校生以下無料
問合せ 090-7886-8556(制作) tsubakihime0411@gmail.com


posted by 椿媛 at 23:42| Comment(2) | 脚本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント


はじめまして。
高校生無料というのは、
今年卒業する人も無料になりますか?

あと、無料ということは、
チケットは買わないってことですか?

Posted by yutaka at 2011年03月01日 20:21
>yutakaさん
今年卒業する人(いわゆる高校3年生)も無料です。学生証を当日持ってきていただければ、受付の方で高校生チケット(半券)をお渡しする形になります。

ご来場お待ちしています^^
Posted by 椿媛 at 2011年03月01日 22:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。